Hogex spotted

Feed Rss

[CentOS6] corosyncパッケージアップデート

05.08.2012, RedHatパッケージアップデート情報, by .

https://rhn.redhat.com/errata/RHBA-2012-0536.html

 

Details:

1件のバグが修正されたcorosyncパッケージがRHEL6で利用可能になりました。

CorosyncパッケージはCorosyncクラスタエンジンとC言語APIをRHELクラスタソフトウェアに提供します。

次のバグが修正されました:

 

corosyncの基礎ライブラリはInter-Process Communication(IPC)に利用する/dev/shm共有メモリファイルシステム上のテンポラリバッファを削除していませんでした。したがって、もし適切な権限を持たないユーザーがIPC接続を試みた場合、テンポラリバッファが解放されていない旨のエラーメッセージと共にその試みは失敗します。これは最終的に/dev/shmが飽和しDoSにつながります。このアップデートでcorosyncサーバがテンポラリバッファを削除していない場合にアプリケーションから呼び出されたcoroipccライブラリが削除するよう変更しました。/dev/shmファイルシステムはこのシナリオと同様に不要なデータで散らかる事はなく、IPCコネクションは期待通りに確立します。(BZ#810917)

 

全てのcorosyncユーザーにバグが修正された最新版へのアップグレードを推奨します。

Solution:

この最新版パッケージを適用する前に、あなたのシステム向けに以前にリリースされたすべてのエラッタが適用された事を確認してください。

このアップデートを適用する為にRHNを利用する方法については、次のドキュメントを参照してください。

https://access.redhat.com/knowledge/articles/11258

 

####SRPM####

corosync-1.4.1-4.el6_2.2.src.rpm

 

####64bit####

corosync-1.4.1-4.el6_2.2.x86_64.rpm

corosync-debuginfo-1.4.1-4.el6_2.2.i686.rpm

corosync-debuginfo-1.4.1-4.el6_2.2.x86_64.rpm

corosynclib-1.4.1-4.el6_2.2.i686.rpm

corosynclib-1.4.1-4.el6_2.2.x86_64.rpm

corosynclib-devel-1.4.1-4.el6_2.2.i686.rpm

corosynclib-devel-1.4.1-4.el6_2.2.x86_64.rpm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


   Beat diabetes   Diabetes diet