Hogex spotted

Feed Rss

CentOS6.2 EPELのNagiosを入れるときの注意

01.10.2012, 未分類, by .

CentOS6.2にEPELリポジトリのNagiosを入れたら、そのままだと上手く動かなかったのでメモ。

 

まず、yum install nagios nagiso-plugins-allだけだとWebインターフェイスに使うPHPが入らないので、PHPパッケージの追加が必須。

それから、デフォルトだと/etc/nagios/objects/localhost.cfgが読み込まれててそのままでもlocalhostの監視はできてるはずなんだけど、なぜかWebインターフェイスからは↓のようなメッセージ。



Whoops!

Error: Could not read object configuration data!

Here are some things you should check in order to resolve this error:

 

  1. Verify configuration options using the -v command-line option to check for errors.
  2. Check the Nagios log file for messages relating to startup or status data errors.

 

Make sure you read the documentation on installing, configuring and running Nagios thoroughly before continuing. If all else fails, try sending a message to one of the mailing lists. More information can be found at http://www.nagios.org.

 

で、これの対処はApacheがcfgファイルを読み取る権限が無いせいで発生してるっぽい。

# usermod -G nagios apache

で、ApacheユーザーがNagiosのCFGファイル読み込めるようにしてやればOK。

 

設定とかは明日にでもゴリゴリ書くよ。

2 Responses to CentOS6.2 EPELのNagiosを入れるときの注意

  1. 2012-02-09 at 23:21 kiyoti

    設定はnagiosQL使ってる。

    返信
  2. CentOS6.2 EPELのNagiosを入れるときの注意 – Hogex spotted I was suggested this web site by my cousin. I’m not sure whether this post is written by him as nobody else know such detailed about my difficulty. You are incredible! Thanks! your article about CentOS6.2 EPELのNagiosを入れるときの注意 – Hogex spotted Best Regards Lisa Lisa

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


   Beat diabetes   Diabetes diet